副鼻腔炎の治療はマヌカハニーで

通院では治らなかった副鼻腔炎の治療をマヌカハニーに託すのですから、
マヌカハニーの中でも活性度の高い物がいい。

 

ひとまずは冷静に、客観的に判断したく、
一応、評判のよい分析証明書付のマヌカハニーを3社まで絞り、マヌカハニーの味と
効果効能の威力の違いを、活性度の低いものから食べ始めて確かめることに決めました。

 

マヌカハニーは偽物も多くあるので分析証明書がないものは、まず論外です。

 

結論からいうと、
副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎にしっかりと効果を発揮し治すことができたのは
ストロングマヌカハニーだけでした。

 

副鼻腔炎 自然治癒

 

他社のマヌカハニーは、活性度がここまで高いものは存在せず、
どうしても活性度がストロングマヌカハニーよりは低くなるためか、体感を得ても弱く、
体感までの日数も長く、効き方にムラがあって、不快感とイライラは定期的にあったのです。
食べないよりは、ちょっといい?くらい。

 

のどに垂れ落ちる感や、のどが痒くなってきたり、のどがたまに痛くなったり、
片方の鼻が塞がって呼吸ができないあの感じや、首、のどリンパの腫れが気になる不快感が
100%はとれず、多少減ってはいますが、薬もたまに飲みつつという感じで、
活性度の低いものは、やっぱり×だなと思いました。

 

というのも、この先ずっと薬を飲み続ける副作用の怖さや、
通院を続けるストレスから解放されるために
マヌカハニーを選んだので、微量でも薬をやめられないなら意味がないと思うからです。

 

それに比べてストロングマヌカハニーは即効性を感じることが多く100%不快感がとれました!
こっちは安定して快調で、
やっぱり最初に直感したストロングマヌカハニーで良かったのだと思い知らされた感じです。

 

比較した半年が時間のムダに感じたほどで、
最初からストロングマヌカハニーにしておくべきだったと思ったので、
一刻も早く治したいと思っているならストロングマヌカハニーだと思います。

 

どうしても他社のマヌカハニーも気になる〜と思っている人は、
まず、効果が早いストロングマヌカハニーで副鼻腔炎をスパッと治してから、
活性度の低いマヌカハニーに少しずつ下げていく。
といのうが、一番賢い方法だと思います。

 

とにかく解放されることが最優先でしょ?

 

良くなりかけたころ、最後の通院となった耳鼻咽喉科のドクターに、
どうしたの?喉と鼻の調子いいみたいだね〜腫れがひいてるよ?、と。
不思議がっていました。

 

もちろん「マヌカハニー食べてるからかも」とは言わずに帰りましたが、
良くなっている、という確かな言葉をもらったことは嬉しくてたまりませんでした。

 

薬がなくなる頃は、もう、もらいに行かなくて大丈夫かな?とか
ドキドキと不安が入り交ざった気持ち、今は薬がなくても怖くないし、平気。

 

ほかにも、胃腸の調子が良くなったり、疲労回復の速さなど、期待してなかった効果効能に
即効性が得られるという威力を実感させられたことも大きいかもしれません。

 

ということで、本気で副鼻腔炎を少しでも早く治したいと思っている人は
ストロングマヌカハニーの威力、試してみませんか。